三階松のふらっとメモ

三階松

はじめまして 三階松です。

カメラのネタを中心に、思いついたことをふらっと書いてます。

参道の梅
RICOH PENTAX K-3, smc PENTAX-DA70mm F2.4 Limited

本日の写真

前回と同じ参道の梅です。鳥は写ってません (^^;)
観察していて気付いたんですが、メジロは満開を超えた梅に集まるようですね

ただ、梅をメインの被写体にするのであれば、満開より少し前ぐらのほうがきれいな花びらを写せると思います。

さて本題

あなたはスーパマリオブラザーズって得意でした?
私はものすごく苦手・・・ テ テッ テ  テ テッ テ テ (この音、伝わったかな?)

そんな反射神経が鈍い人は、あんまり飛び物・動き物を撮らない(撮れない?)ので、あまり速いシャッター速度は要らないんですよねぇ。
(決して負け惜しみではありません

ということで、シャッター速度とかISO感度の話題

古いカメラは、それほど高速で切れない

最近のカメラは、当たり前のように 1/8000秒 がありますが、60年くらい前のカメラは、1/500秒まで や 1/1000秒 までが当たり前なのです。もちろん、それ以下のものもあります。

なので、フィルムの感度もそんなに高いのは要らない、というか 感度が高いとかえって不便なんですよね。

ASA 100のフィルムなら、日中はだいたい F8 で 1/250 ですから、同じ絞りで撮る場合、ASA 800 だと3段速い 1/2000 で切ることになってしまいます。

シャッター速度違反

RETINA IIICのシャッターダイヤル
RETINA IIICのシャッターダイヤル(最高 1/500 秒)
レンズシャッターなので、レンズにシャッターダイヤルがついている
(RICOH PENTAX K-3, smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR)

Leica IIIfのシャッターダイヤル
Leica IIIf のシャッターダイヤル(最高 1/1000 秒)
(RICOH PENTAX K-3, smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR)

PENTAX SLのシャッターダイヤル
PENTAX SLのシャッターダイヤル(最高 1/1000 秒)
(RICOH PENTAX K-3, smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR)


古いフィルムカメラを使うときの感覚

うちのフィルムカメラだけで考えると、最も新しい ニコンのF3(1980年発売)で、やっと最高速が1/2000秒

まぁ、速いシャッターが切れないなら、レンズを絞れば良いのでしょうけど、だいたい F8 前後で撮れるようにしておきたいから、フィルム感度は ASA100 か 400くらいで十分という感じです。

これがフィルムを使う場合のASA感度についての「感覚」だと思います。

つまり、ASA感度でフィルムを使い分けるなら、日中は ASA 100を使い、絞ってパンフォーカスで撮るとか、夜や望遠レンズを使うとき(手ぶれ防止)には ASA 400を選ぶという具合。

もちろん、フィルムの種類によって描写(カラーなら色味、モノクロならシャープさ とか)が違うので、単にASA感度だけでは選べませんけどね。

ちなみに、私がフィルムを選ぶ基準は、値段・・・

まとめ

私のだけの感覚も多いと思いますが、古いフィルム機を使う感覚が伝われば嬉しいです。

前回のブログを書いていてつくづく感じたのですが、普段 古いカメラばかりを使っている人間からすると、いまのデジカメはものすごい道具だと思います。新機種の新機能に一喜一憂するのもまた楽しいですが、このブログがみなさんの写真の楽しみ方の幅を広げる手助けになればいいなーと思います

もっと気楽なブログにするつもりなんですが、つい力が入ってしまう

コメント

コメント一覧

    • 1. が~たん
    • 2015年03月09日 22:15
    • (・。・) うわ~ いつの間にか

      フイルムの感覚を忘れていました
      デジカメは1/6000秒で ブーイングの飛ぶ時代
      そうですよね~ うんうん そうでした
    • 2. 三階松
    • 2015年03月09日 23:16
    • が~たんさん
      こんばんは♪

      そうそう、K-S1とかK-S2も 1/6000でブーイングでしたね。
      私には ( ゚д゚)ポカーン でした(笑)
      少ない経験ですが、ブルーインパルスでも 1/2000で十分だったので、そもそも何パーセントの人が 1/8000 が必要なのかを知りたいくらいです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット